「ボヘミアン・ラプソディ」を見て

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018)

ブライアン・シンガー監督

ラミ・マレック主演

この映画は知人に勧められて見てみることにした。私自身は特にクイーンやフレディ・マーキュリーのファンというわけではないのだが、母がこの映画をずっと見たいと思っていたらしくゲオで借りてきたら喜ばれた。

 この作品はイギリスのロックバンドクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーに焦点を当てて制作された伝記映画である。本名ファルーク・バルサラは自分が好きなバンドでボーカルをすることになり、そこから「クイーン」と名を改め活動を広げていく。

 主演のラミ・マレックは「ナイトミュージアム」のアクメンラー役でしか知らなくて、エジプト系の血を引いた容貌を活かしているとは思ったけど、演技自体は印象に残らなかった。ところが、今回のフレディ・マーキュリー役では自分のセクシャリティに気づき葛藤している様子を見事に演じていて見た甲斐があってよかった。

ボヘミアン・ラプソディを買う

コメントを残す

前の記事

「ロリータ」を見て

次の記事

「サロメ」を見て